賢威8 のカスタマイズは 子テーマを利用して行おう!

賢威8 のカスタマイズは本体のファイルを直接いじることなく

「子テーマ」をインストールし、子テーマのファイルを編集したり、本体からファイルをコピーして編集したりする方法が推奨されている。

そこで子テーマのインストール方法について手順を書いておこうと思います。

前提条件

まず、大前提として「賢威8」がすでにインストールされていることをご確認ください。

基本ですね。

そして、賢威8本体がインストールされているフォルダ名(ディレクトリ名)をメモしておきます。

例えば…

「keni80_wp_standard_all_201905142259」

このように keni80_wp_standard_all_ のあと、年月日時分 になっていると思います。

賢威8 子テーマ をダウンロードする

確認したら 賢威サポートページ から

「賢威ダウンロード」→「賢威8(β版)」 にアクセスし

「賢威8子テーマをダウンロード」ボタンを押して「子テーマファイル」をダウンロードします。

解凍し テーマディレクトリに アップロード

ダウンロードした「keni8_child.zip」を解凍してテーマディレクトリにアップロードするか

WordPress管理画面の

「外観」→「テーマ」にアクセスし「新規追加」ボタンを押します。

新規追加の画面で「テーマのアップロード」をクリックします。

さきほどダウンロードした「keni8_child.zip」ファイルを指定してアップロードしてください。

こんな感じでメッセージが出ますが、気にしないで良いです(笑)

テーマエディター で style.css を編集し子テーマを有効にする

このまま「外観」→「テーマエディター」にアクセスします。

ここで「賢威8.0(子テーマ)」を選択し「選択」ボタンを押します。

「賢威8.0(子テーマ): スタイルシート (style.css) 」と表示されている画面で変更を加えます。

「選択したファイルの内容」を変更します。

 

初期の内容はこのようになっております。

こちらの

Template: keni8

の部分を

Template: keni80_wp_standard_all_201905142259

に変更します。

その後、エディタ下にある「ファイルを更新」を押して「ファイルの編集に成功しました。」というメッセージが出るのを確認します。

子テーマ が有効になっているか確認

WordPressの管理画面 → 「外観」 を開き

賢威8.0(子テーマ)が有効なテーマとして認識されていることを確認してください。

こちらの「有効化」ボタンを押します。

これで 子テーマ が適用された状態となります。

もちろん…

この方法は一例です。

FTPツールでテーマディレクトリ wp-content/themes/ にアップロードして

普通に style.css を書き換えても構わないと思います。

ぜひ子テーマでのカスタマイズにチャレンジしてみてください!