賢威8 の機能「賢威リンクカード」をうまいこと使ってしまう

賢威8 で利用できる機能のひとつ

「賢威リンクカード」

これはただの装飾じゃなかった…

便利に使えるので「ぜひ試してほしい」コト を伝授します。

実は 賢威リンクカード はリンクをカスタマイズできてしまう

「できてしまう」っていうとなんとも後ろめたい感じもしますが…

そういうことではないのでご安心を。

賢威リンクカードを普通に使うと…

[keni-linkcard url="https://www.yahoo.co.jp"]

というショートコードで後述のように表示されます。

これはこれでいいですよね。

しかし、http:// ではじまるサイトをリンクする場合、画像は表示されません。

これは「混在コンテンツ」になってしまうことを回避している仕様ですが、これでは味気ないですよね。

たとえば今(令和元年5月10日現在)も http:// ではじまるライブドアブログのリンクカードは…

こうなるわけですが…

それでは寂しいのでこれに画像を設定したいと思います。

クリックして拡大してご確認いただければわかりますが

今回「OGPイメージURL」にこんな画像を指定しました。
※メディアから別途アップロードし、URLをコピーしました。

その結果、表示が変更される

このように表示されるようになりました。

その他の情報も書き換え可能

これは下記情報も書き換え可能です。

例えばリンクURL は同じでもここだけ画像変えたい!って場合は呼び出しの「対象URL」を変更することで、ここだけスペシャルなリンク内容に書き換えられてしまうのです。

実際に、上記の説明を書く際に before と after の状態を示すために http://blog.livedoor.com/ に対してリンクカードを2つ作りました。

2回めに出ている方は実際は下記のように書いています。

[keni-linkcard url="http://blog.livedoor.com/?spcial" target="new"]

※実は target 指定が出来ます。

賢威リンクカードの利点 と デメリット

一度呼び出したことがある URL を保持してくれているのでレスポンスが早い…相手のサーバーの状態によらない という利点があります。

ただ、すでに取得時点とはOGPその他が変更されているのに反映されていないのがイヤな場合は一度削除する必要があるので注意が必要です。

…その点を逆手に利用したカスタマイズとなります。

ぜひ、試してみてください。

 

 

追伸…

今後仕様変更されるときも「更新を確認する」的なチェックがあってそれがチェックされていなければ、取得時のまま…っていう状態が維持されると便利そうですね。